一定期間更新がないため広告を表示しています

By スポンサードリンク | - | 2010年07月29日 | CM : 0 | TB : 0
→ニュース記事

飛ぶのが面倒だという人のために簡単にリンク先のニュースについての説明を書きます。
興味が沸いたらリンク先の記事で正確な情報をどうぞ。

ホームレス、路上生活者の3割、34%もの人が知的障害者の疑いがあるという調査結果が出たそうです。
調査を行ったグループの概要は、
・臨床心理士
・精神科医
・大学研究者
などで構成された約20人だそうです。

私の率直な感想。
「そんなわけない!」
   ◆
どう考えても、この調査結果はおかしいと思います。
調査グループの考えとして、
「どうしたらいいのか分からないまま路上生活を続けている人が大勢いるはず」
とのことなのですが、この考えもおかしいでしょう。

はっきり言って、親に養ってもらっているニートを除外すれば、贅沢を言ったりせずに仕事を選ばず適当に就職するかアルバイトをしている方が、変に頭を使う必要がなく楽なはずです。
何しろ他の人たちの言うことに従っていればいいわけですから。
むしろホームレスの方が生きる上でも仕事(空き缶集めとか雑誌集め)の上でも大変です。

ホームレスの人たちの多くは小銭稼ぎのためにやむを得ずにしても、自主的に空き缶や雑誌を集め、それを買い取ってくれる場所を探したり売ったりという面倒なことをやっています。
食料もお金を出してレストランで食べたり、スーパーやコンビニで買うよりも難しい手段で調達している人が多く、とにかく工夫した生活をしています。
冬であれば、寒さを凌ぐためにダンボールハウスや新聞紙などで防寒対策を工夫したりもしていて、彼らの生活は本当に工夫だらけです。
ただ漠然と働いている人よりもよほど頭脳を使っていると私は思っています。
そうでなければ冬は越えられないし、冬じゃなくても飢えて死んでしまいます。
いくら日本が食料が溢れていて、そこらじゅうで食べ物が捨てられているといっても、そこは競争社会ですから、人よりも早く動いたり、社交性を発揮するとか、何かしらのことを考えていなければならず、
「どうしたらいいのかわからない」
なんて思っているホームレスが3割もいるとは、とても考えられません。

調査方法がどういうものだったのかが正確にはわからないのですが、IQ70以下の人が3割いたという話のようなので、アンケートやIQテストなどをしたのだと勝手に想像して話を進めます。

記事によれば調査対象は168人。
知能検査を実施し、その結果、知能が低いと判定された人の知能と人数は、
IQ40〜49→10人
IQ50〜69→46人
IQ70〜79→31人

で、指標としては、
IQが40〜49の人は、
「家族や支援者と同居しなければ生活が難しい」
IQが50〜69の人は、
「金銭管理が難しく、行政や市民団体による社会的サポートが必要」
というのですが・・・
家族や支援者の同居がなければ生活できない人が路上でどうやって生活できるのか。
この調査グループの人たちはどう解釈しているのかすごく知りたいです。
私は路上で生活する方が大変だと当たり前に思っているのですが、もしかして私の感覚がおかしいのでしょうか。
どう考えても路上生活をして生き抜いている人たちの方がすごいと私には思えてしまうのですが。
   ◆
記事全体をざっと読んで私がまず思ったことは、
「まともにIQテストを受けたホームレスが一体何割いたのか?」
ということです。
IQを正確に知るためには、相当数の質問に答えなければいけません。
マークシートのようなものにチェックするだけと言っても、別に自分のIQが知りたいわけでもないホームレスがそんなものに真剣に取り組むでしょうか。
私でも適当にチェックシートを埋めてしまう可能性があります。
それに、アンケートなんて普通の人だって適当に答える人がほとんどです。
大学などで教授が生徒に対してアンケート調査を行う場合などは生徒たちの対応は当然違うと思いますが、ホームレスが仮にけっこうな金額の謝礼を受け取っていたとしても、まともに答える人がそれほどいるとは思えません。
ホームレスではありませんが、つい数ヶ月前にあった派遣村でお金をもらったらそのまま消えてしまった人たちの例を見ても、生活に困窮している人は究極に自己中心的になっています。
目の前にぶら下げられたエサに釣られ、知能テストやアンケートには応じはしても、真面目に取り組んだとはどうしても私には思えないのです。

さすがに絶対とは言い切れませんが、ホームレスの3割が知的障害者、IQ70以下の人だなんてことは有り得ないです。
正直、ホームレスの知能よりも、調査グループの20人の常識というか、感覚に私は疑問が沸きました。

この調査グループは路上生活者を支援している人たちのようですし、路上生活者を経済的な弱者というだけでなく、知的障害者であると一般人に誤認識させ、同情を引き出して、ホームレスに対する支援を集めたい意図があるのではないかという可能性まで考えてしまいました。

こんなおかしな調査結果によってホームレスに対して同情的な意見が増えてしまうことを本気で危惧しています。
もしも私が間違えていて、この調査が路上生活者の真実を浮き彫りにしたものだとするならば、私はホームレスに対する認識を根本から改めなければなりません。
「彼らは知的障害者なのだから、何をやっても仕方ない」
「国が彼らをしっかりとサポートしていないからいけないのだ」
という具合に・・・

だけど、やっぱり私はこう思っています。
「そんわけない!」
と。
By 姫野かずら | 姫野かずら | 2010年03月02日 05:06 | CM : 2 | TB : 0
By スポンサードリンク | - | 2010年07月29日 | CM : 0 | TB : 0
そんなわけない。

私もそう思います。

先に結論ありきの「調査」でしょう。
ホームレスが「自分は悪くない」「社会のせいでこうなった」「援助がないと動けない」ことにしたい人たちだと知らないのだとしたら、相当の世間知らず。
知ってるとしたら、何かの企みがあるワル。
さ、どっちかな。
http://blogs.yahoo.co.jp/arutema39/archive/2010/03/02
from: 山猫みむ | 2010/03/02 2:29 PM
山猫みむさん、コメントありがとうございます。
同意してもらえてうれしいです。

とはいえ、どうやら私たちは少数派のようですね・・・
from: 姫野かずら@管理人 | 2010/03/03 1:22 AM

Comment form







トラックバックURL :